成績アップの流れ

wagacoに入ると、どのように成績がアップしていくのでしょうか?
ここではその流れを紹介しています。

 

wagacoでは、まず「思考・判断・表現・読解力を伸ばす」ことに焦点を当てております。
その結果、成績は勝手に上がっていくからです。
そのために心がけていることは3点。

 

・成績は”上げる”ものではなく、自然と”上がる”もの。
・生徒さんは一人一人違うこと。
・”わかる”じゃダメ、”できる”こと。

 

まず「成績は”上げる”ものではなく、自然と”上がる”もの」と考えております。

 

花を咲かせるには、どうすればいいでしょうか?
咲かせようと、無理に引っ張ってもダメになるだけです。
環境を整え、水やりなど、毎日やるべきコトをシッカリこなす。
そうすれば自然と開花します。

 

能力や成績も同じです。
伸ばそうと、無理に行動させてもダメになるだけです。
思春期は大人になる過程。
ただでさえ、人のアイデアに従うより、自分のアイデアを大切にしたい時期です。
伸びる環境を整え、少しでも気持ちよく勉強させてあげる。
そうすれば成績は勝手に上がります。

 

次に「生徒さんは一人一人違うこと。」を、常に意識しています。

 

野菜の育て方は、種類によって全然違います。
メダカと金魚でも、育て方は異なります。

 

塾長自身や他の生徒さんの成功法が、その生徒さんに合うとは限りません。
まずその生徒さんを、シッカリと観察すること。
「生徒さんは、一人一人違う。」本当に当たり前のことです。

 

なのに、塾長はこれまで何度も何度も忘れてきました。
自分の成功体験を押しつけようとしてきた。
「知っている」と「できている」は、次元が違います。
今は、毎日授業前に確認することで、忘れないよう気をつけています。

 

最後に、「”わかる”じゃダメ、”できる”こと」にも注意しています。

 

さっきの話の続きのようですが。
“わかる”と”できる”は、次元が違います。

 

どれだけ完璧な植物の育て方を知っていようが。
どれだけ効率の良い筋トレ法を知っていようが。
実行しなければ、意味はありません。

 

家庭教師時代に多かった失敗ですが。
「先生!めっちゃわかった!!ホンマありがとう!!!」
と言ってくれた生徒さん。
楽しみにテスト返却を待っていたら、それほど成績が上がっていない。
なんてことが、よくありました。

 

そりゃそうです。
授業で教えた時は、確かにわかっているんです。
でも「人間は復習しなければ、24時間で73%のことを忘れてしまう」と、有名なエビングハウスの忘却曲線が指摘するように。
自力で解けるようになっていないなら、何の意味もありません。
テストでできるわけがありません。

 

それなのに僕は「自分は教え方がうまい!」なんて、有頂天になっていました。
「わかった!」で満足するのではなく。
どれだけ評判の良い授業動画でも、それを目的にするのではなく。
今は、生徒さんが「自力でできた!」を繰り返せることを、意識しております。

 

以上を踏まえて、wagacoでは下記の流れで成績を上げていきます。

 

①まず診断と観察してから提案
・入塾時は当然、毎回の授業で、意見を聞くこと、観察することを忘れないようにします。
・それに応じて、生徒さん一人一人に合う、オーダーメイド最適案を、ご提案しています。

 

②wagacoコミュニケーションを意識した、教室環境作り
・塾長は日々、能力を引き出し伸ばすwagacoコミュニケーションを研究実践しています。
・授業前に必ず確認し、毎回の授業の中で改善していきます。

 

③授業の目的は「自力でコンプリート」
・「生徒さんが自力で仕上げること」が最大の目的です。手段が目的にならないよう気をつけています。
・授業動画などは1つの手段。その生徒さんに不要なら、時間効率を考え、使いません。

 

wagacoでは上記①~③の流れで。
思考・判断・表現・読解力を伸ばしていきます。
その結果、自然と成績アップしていきます。

 

ちなみに塾長は、この流れを「できる化システム」と呼んでいます。