中3受験生は計画的でも成績落ちがち

投稿日: カテゴリー: 気付きや思い

こんばんは!
wagaco塾長の中村です!!

 

8月ですね。
毎日、僕も生徒さんも、みんな頑張っています。

 

頑張っているので、やっぱり点数になって報われてほしいですが。
そう甘くもありません。
特に中3生は、要注意です。

 

夏休み頑張ったのに、成績が上がらない。

 

というコトがよくあります。
重要なので、もう一度。

 

夏休み頑張ったのに、成績が上がらない。

 

どれだけ正しい勉強法で、実際に頑張っていたとしても。
成績が上がらない子がいます。

 

なぜか?

 

答えは単純。
他がもっと頑張っているからです。

 

受験は、良くも悪くも競争です。

 

「自分史上、最高の頑張り」でも、それが「他の生徒さんよりも頑張っていない」なら。
やはり結果も、他の生徒さんより下、になります。

 

だから、僕達にとって大切な仕事は。
基準を引き上げること
計画をもっと前倒しにすること」です。

 

生徒さんが思っている計画では、遅すぎる場合があります。
例えば、受験を控える中3生なら、

 

8/18 … 岐阜新聞テスト
8/28 … 定期テスト

 

ということを考えると。
定期テスト対策は、8/10までにある程度終わらせておかないといけません。
そこから1週間は、岐阜新聞テストの過去問などの時間ですから。

 

「岐阜新聞テストが終わってから、定期テスト対策始める」じゃ遅すぎます。
そこからテストまでの1週間は、定期テストの予想問題などをテスト形式で解いていく期間です。

 

だからこそ、どれだけ遅くても8/10までに定期対策を終わらせておく必要がある。
同時に、1,2年の復習も終わらせておく必要がある。

 

岐阜新聞テストに備えるのはもちろんのこと。
なにより9月以降、1,2年の復習する暇なんてないですから。

 

生徒さんの基準を引き上げられるように。
計画を前倒しできるように。

 

コミュニケーション取りながら、多治見の熱すぎる夏を一緒に乗り切って。
みんなで笑顔で秋を迎えたいです。

 

頑張っていこう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です