wagacoで身につく力は?

投稿日: カテゴリー: 気付きや思い

こんにちは!
wagaco塾長の中村です。

 

時期的に、新規のお問い合わせが多いです。
だからこそ改めて、wagacoの考えを知って頂いてから、ご検討頂きたいと思っております。

 

wagacoでは、短期の成績アップを目的にしていません。
重要なので、もう一度言います。
「短期間で成績を上げよう」と、思っておりません。

 

もちろん、結果的に「短期間で上がる」なら大歓迎です。
実際、今回の定期テストの結果でも。
去年末から見始めて、英数の合計点が50点上がった生徒さんもいました。

 

でも、それは結果的にそうなっただけです。
狙ったわけではありません。

 

じゃあ、何を狙っているのか?

 

思考、判断、表現、読解力を伸ばすこと。

 

です。
教育に敏感な方なら、ピンと来ると思います。

 

思考・判断・表現力は。
文科省が学習指導要綱の中で強調している「学力の重要な3要素の1つ」です。

 

加えて、読解力は全科目の成績に関わるだけでなく。
卒業して実社会に出てからも必須です。

 

この4つの力を伸ばしたい。
そうすれば、「自力で勉強できるようになる」「良い学習習慣が身につく」からです。

 

変化の速い時代です。
プログラミングが小学校の必修科目になります。

 

今Appleに勤務している、同級生は。
「wordやexcelできて当たり前みたいなノリで。アプリ制作できることが、当たり前になるかもしれない。」
と、前に会ったとき、言ってました。

 

渋谷在住、元生徒のシステムエンジニア君は。
「使える自動翻訳機」の誕生は近いと確信しています。
その時、英語は必修科目のままでしょうか?

 

予想がつきません。
ただ、1つだけ確かなことは。

 

自力でできる学習習慣を身につけておけば。
将来、何か新しいコトを学ぶ時に、必ず役立ちます。

 

そして学びの基本は、「字を読むこと」です。
まだまだテストのほとんどが、「活字」です。
大学入試改革で、数学のテストでも、文章量が大幅に増えます。

 

僕はありがたいことに、YouTubeの授業動画で。
「神授業」など、高評価を頂いております。

 

それでも授業では、できるだけ動画は使わないようにしています。
(数学は動きがあった方がわかりやすいところは、使いますが。)

 

「読む力」を身につけてほしいからです。

 

僕自身、日商簿記検定1級に、以前挑戦しましたが。
スクールには通わず、完全に独学でやりました。

 

参考書を読む。
問題集を解く。
どうしても解決できないときは、ネットに頼る。

 

というやり方です。
3級の勉強から始めて、9ヶ月で1級に合格できました。

 

独学は、自分のペースでできます。
不要なら飛ばして、必要なら粘って。
だから効率よく理解できます。

 

自分で学ぶ力が身についていれば。
何か新しいコトを学ぶときに。
お金も時間もかかりません。

 

そんな「自力で学ぶ力」の基礎となるのが。
思考、判断、表現、読解力。

 

僕はそれらの力を、生徒さん(と我が子)に身につけてほしいです。
そして、そのための環境創りに、毎日励んでおります。

 

その結果として、短期間で上がることは大歓迎です。
また「テストの点の魔力と罠」に注意して、力が伸びていたら、そこもシッカリと伝えてあげます。

 

これまでの生徒さんも。
これからの生徒さんも。
一緒に頑張っていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です