テストの点の、魔力と罠

投稿日: カテゴリー: 気付きや思い

先日、ある生徒さんの実力テストの結果が返ってきました。
この生徒さんは、「力がついているけど、点数自体は伸び悩んでいる」生徒さんでした。

 

 

定期テストは、慣れている人からすれば。
試験範囲が明確なので、小テストの拡大版です。
実力テストは、その名の通り、実力が試されます

 

僕は力がついてるのが、授業の中で目に見えていたので。
あまり心配していませんでしたが。

 

保護者様もそうでしょうが。
本人自身も「力が伸びてないんじゃないか。。。」と不安だったかもしれません。
数字に表れてくれ、嬉しそうな顔を見て、ホッとしました。

 

やっぱりテストの点に表れるのが、一番の自信につながりますよね。
生徒さんの顔を見て、僕もいまだに、一喜一憂しそうになります。
でも、テストの点には、魔力と罠があります。

 

良ければ、賢くなった気もするし。
悪いと、自分はアホなのかと勘違いしちゃいます。

 

確かに、頭が良ければ、テストの点は取りやすいです。
それは間違いない。

 

でも、反対はどうでしょうか?

 

テストの点が上がっていないからといって。
「頭が良くなっていない」とか、「実力がついていない」とか。
そう判断するのは、早すぎです。

 

テストの点が上がってなくても、力はついていることは、多々ある。

 

英語をシッカリ勉強したことある人なら、わかると思いますが。
長文の速読やリスニングは特に、伸び悩む時期があります。

 

この期間、テストなどの点に変化はありません。
でも、ある日急に、グンと突き抜ける。
(ホント急に突然やってきます)

 

この伸び悩みの期間。
テストの点には表れませんが、確実に力はついています。

 

テストの点が、能力を全て表すわけではない。
当たり前ですよね。

 

単語の小テストを、休み時間のマッハ勉強で高得点取る生徒さん。
本当に力、ついてるでしょうか?

 

何もやらないよりは、はるかにマシですが。
もっと力がつく方法はある。
テストの点だけでは、力を判断できません。

 

定期テストは、小テストの拡大版なので。
似たやり方をすれば、点数自体を取ることは、さほど難しくないです。

 

でも。
点数が欲しいんですか?
それとも、能力を伸ばしたいのですか?

 

僕の塾では。
「テストの点を上げること」ではなく。
「力をつけること」に焦点を当てています。
その結果、点数なんて勝手に伸びるからです。

 

ただ、欠点があります。
この方法は、結果が目に見えるまで、時間がかかる場合もしばしばです。

 

もし点数に変化がない場合。
僕は毎日の授業の中で見ているから、「伸びてるな」と感じるけれど。

 

結果に見えなければ、保護者様は当然のこと。
生徒さん自身でも、「自分は伸びてない。。。」と勘違いしがちです。

 

でも、やってることを間違えていなければ。
ある日、グンと伸びる日がやって来ます。

 

僕の役割は、「テストの点を上げること」ではありません。

 

・正しい方法でやっているか、観察すること
・正しくない方法でやっているなら、修正してあげること
・正しい方法でやっているなら、「それで間違っていないよ」と伝えてあげること

 

このようにサポートすることが、僕の仕事です。
だからこそ、いつも言ってる次の言葉。

 

伸びるのは100%生徒さんの努力の賜物。
伸びないのは100%自分の環境作りの責任。」

 

カッコつけてるわけじゃなくて、本当にそうなんです。
僕がやってることは、環境作りとサポートだから。

 

伸びたなら、その子が努力したという証だし。
伸びないなら、ありきたりな環境しか作れなかった、僕が悪い

 

冒頭の子だけじゃなく、そんな感じの生徒さん多いです。
点数には表れないまま、でも力はついていて。
それがある日突然、点数に表れたりします。

そうやって点数ではなく、力に焦点をあてることが。
その子の将来につながると信じています。

 

ので、短期で成績アップを望む方はガッカリされるかもしれないですが。
僕は、短期の点数アップを追い求めません。
本当の力をつけて、生徒さんに将来につながる自信を、感じて欲しいからです。

 

どうかテストの点に、振り回されすぎないでください。
自分自身の頑張り、やってる努力に目を向けてください。
正しいやり方なら、伸びる日が必ずやって来ます。

 

実力ついた子、おめでとう!
まだまだ伸びるよ!!
見てるから、わかります。
一緒に頑張っていこうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です