両方やろ、両方。

投稿日: カテゴリー: 気付きや思い

おはようございます!
wagaco塾長の中村です!!

 

ここ1ヶ月、ブログほったらかしでした。
当たり前ですが、新年度はスタートが大切です。
特に苦手意識を少しでも感じている科目があれば。

 

①学校より先にやる
②学校の授業で習う
③「塾でやった!わかる!!」となる

 

塾で予習、学校で復習が好循環となって。
苦手意識がなくなる場合も多いです。
ということで、授業準備に精を出していました。

 

また引っ越しなどもあり。(今週末には終了しそう!)
本当にバタバタしていて、ブログが更新できていなかったんです。
言い訳はここまで^^;

 

さてそんな間、ネットで気になる記事があったのでシェアします。
“「子を褒めて伸ばす」ブームで子が潰れる”という記事です。

 

⇒リンク: 「子を褒めて伸ばす」ブームで子が潰れる

 

このへんのことを考える時に一番大切なことは。
「褒める or 叱る」ではない。
ということです。

 

めっちゃ当たり前ですが。
「褒める and 叱る」です。
両方が大切。

 

なのに、昔の自分がそうでしたが。
なぜか「褒める教育は、叱らない。」「叱る教育は、褒めない。」
と、どちらか一方だけと、考えてしまいがちです。

 

前進した時は、褒める(というより一緒に成果を確認する)。
ダメなことをした時は、叱る。
両方やる、ホント当たり前のことです。

 

ただ、この記事を書いた人の気持ちもわかります。
今の情報社会、当たり前のコトを言っても、誰も読んでくれません。
読んでもらうためには、少しでも過激なタイトルをつける必要がある。

 

でも結局、勉強法とかでもそうですが。
誰でも知っている当たり前のコトを、どれだけ徹底してやるか?
凡事徹底、それが一番大切です。

 

僕は、これからも。
できた生徒さん、前進した生徒さんは、褒める(一緒に成果を確認する)。
良くない点、改善点は、一緒に改善する(必要あれば叱る)。

 

この当たり前のことを。
我が子にも生徒さんにも徹底してやっていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です