明光義塾さんのMEIKO式コーチングは、●●なら最強。

投稿日: カテゴリー: 気付きや思い

こんにちは!
wagaco塾長の中村です!!

 

本来は、他塾様の授業に口出しすべきではないのでしょうが。
一人の父親として、単純に興味を持った授業方法があるので紹介します。
(以前にも保護者様から「説明できるか確認して下さい」というリクエストを頂いたこともありましたし。)

 

それが明光義塾さんのMEIKO式コーチングです。

 

結論から言います。
この授業方法は最強です。
ただし、「時間とお金がいっぱいあるなら」という条件付きで。

 

どんな授業方法か?
それは「生徒さんに説明させる」というもの。

 

勉強法に興味持ったことがあるなら。
一度は耳にしますよね。
「インプットとアウトプットが大切。」って。

 

合格する受験生の常識です。
「わかる」と「できる」は別次元。

 

インプットで「わかった気になる」。
でも、それだけでは、アウトプットはできない。

 

インプットで「人に説明できるくらい、わかる」ようになれば。
アウトプットできる。

 

だから指導者としては。
生徒さんが「人に説明できるか?」をチェックできれば。
しっかりアウトプットでき、問題に正解できるコトもわかる。

 

そう考えると、良いコトばかりに思えますが。
この方法の欠点は、「時間が余計にかかる」こと。
1つ1つの問題に対して、インプット後に、先生に説明する時間が必要になる。

 

つまり先生との時間が増える。
個別指導なら、指導時間が増える。
もしも1コマ1科目限定なら、5科目やるには週5コマ必要になる。
そうなると当然お金がかかる。

 

また内村航平さんのような、超人気有名人を宣伝で使うとなると。
多額の広告費が必要になる。

 

明光義塾は、東証1部上場企業(4668明光ネットワーク)なので。
当然、その広告費は収入から支払うことになる。

 

つまり生徒さんの授業料から、捻出することになる。
お月謝か教材費か夏期講習など、なんらかの形で。
授業料に上乗せされることになる。

 

だから、時間とお金にいっぱい余裕がある人なら、最強です。
でも、そんな人は、そう多くない。

 

「人に説明する授業」自体は、何一つ間違っていません。
時間とお金がいっぱいある人だけに絞ってやっていくのか?
時間とお金がない人には、どのように成績を上げていくのか?

 

今後も要注目のサービスです。

 

僕がたまにやってるのは。
「小テストの約束をすること。さらにその中から1問だけピックアップして、説明できるか確認する。」ことです。

 

これなら、それほど時間はかかりません。
もちろんできるなら全部、説明して欲しいですが。
やっぱり個別授業時間がもったいない。。。

 

きっと明光義塾さんも、似たやり方のはずです。
でないと、「全範囲見られない」か、「生徒さんに莫大な時間とお金がかかる」ことになりますから。

 

一番の理想は。
生徒さんの意識が変わることです。

 

先生がイチイチ確認しなくても、「人に説明できるまで理解」が当たり前になれば。
わざわざ授業時間を使う必要はありません。

 

そんな理想像にはまだまだですが。
少しずつ改善、そうなる環境を創り上げていきたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です