“定期テストは良くても、実力テストがダメ”を防ぐには

投稿日: カテゴリー: 成長の備忘録

ここでは成長に役立ちそうなコトを。
塾長自身が忘れないようにメモしていきます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

使える脳の鍛え方 成功する学習の科学 [ ピーター・ブラウン ]
価格:2592円(税込、送料無料) (2017/12/21時点)

 

 

今日の参考文献は、「使える脳の鍛え方、成功する学習の科学」です。
我が子や生徒さんにも、是非とも直接読んで欲しい1冊!
メモしていきます。

 

記憶には2種類ある。
すぐに忘れてしまう短期記憶と。
忘れずに思い出せる長期記憶。

 

新しく学んだことを長期記憶に定着させるには、脳内で「統合」というプロセスが必要。
少し忘れてから思いだそうと努力することで、統合がうながされ、記憶が強化される。

 

自然と間隔練習になる交互練習も効果的。
ある学生が四つの立体の体積の求め方を学んだ。

 

その後、半分のグループは、立体の種類ごとに練習問題を解いた。
もう半分のグループは、立体の種類ごとではなく順不同で練習問題を解いた。

 

1週間後のテストでは、種類ごとグループの正答率は20%で、交互練習グループの正答率は63%だった。

 

多様練習(まとめ問題)も効果的。
集中練習では生まれない、どの問題にどの知識を当てはめるか判別力がつく。

 

話を聞く、文字を読む、答えを教えられるなど、簡単な努力では、統合が生まれにくく、記憶に定着しにくい。
思い出す、自分で考えるなど、難しい困難な努力ほど、記憶が再統合され、学習が身につく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です