やり抜く力を伸ばす学校プラスアルファ

投稿日: カテゴリー: 成長の備忘録

ここでは成長に役立ちそうなコトを。
塾長自身が忘れないようにメモしていきます。

 

 

 

今日の参考文献は、ベストセラーにもなった「GRIT」です。
我が子や生徒さんにも、是非とも直接読んで欲しい1冊!
箇条書きでメモしていきます。

 

・やり抜く力を伸ばすには学校以外の課外活動も有効。

 

1.家族全員でハードなことに挑戦する。
…日常的に意図的な練習を必要とするもの。

 

2.やめてもいい。
…ただしキリがいい期間で。嫌なことがあったとか、気分ですぐやめるのはダメ。

 

3.自分で選ぶ。
…様々なものを見て、一番興味あるものを選ぶ。

 

4.高校生以上は最低でも2年は続ける。
…2年以上は就業率も高く年収も高い研究結果。
(コロンビア大学心理学者、マーゴ・ガードナーによる研究。)

 

・勤勉さは練習によって身につく。アイゼンバーガーの実験。

 

小学2,3年生に簡単な課題(パズルや絵を覚えるなど)をやらせる。
終えた後、「よくできました」とご褒美の小銭をあげる。
その後、半分のグループには難しい別の課題を与える。
もう半分のグループには簡単な別の課題を与える。
どちらも終えたあと、「よくできました。」とご褒美の小銭をあげる。

 

その後、単純な課題を与えた時。
難しい課題に取り組んだグループの方が熱心だった。
難しい課題に接していないと、人は怠けるようにできている。
課外活動は厳しいハードな環境を作ってくれるから良い。

 

やり抜く力を鍛え上げてくれる文化を持つ集団に属する。
文化を築き上げるには実験を重ね、うまくいったものを残す。
例えば毎年春にグリッドスケールを回答させるなど。
もしくは精神力のテストとして、苦痛なテストを行うなど。
プレイヤーにもその意図をハッキリと伝えておく。
文化を体現する陳腐ではない格言を暗証させる、なども効果的。
とにかく最後まで最善を全力で尽くす環境作り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です