【塾選び8】生の授業か?映像授業か?

投稿日: カテゴリー: 失敗しない塾選び

世の中、本当にたくさんの塾がありますよね。
ありすぎて、どの塾がいいかわからない。
入塾金もかかるところがほとんどだから、気軽に試しにくい。

 

塾長は二児の父です。
もし自分が死んでしまって。
将来自分の子供が、「塾に行きたい」と言ったとき。
「どのような基準で塾を選ぶかな?」
妻に伝えておくのは、とても大切です。

 

もちろん塾事情は、これからも大きく変わっていくでしょう。
指導歴17年、たくさんの塾を見てきた塾長中村が。
現時点での基準を、同じパパママ仲間として、シェアしておきます。

 

さて第8回は、「生の授業か?映像授業か?」です。

 

最近の塾は、映像授業を使うことが多くなってきました。
塾からしたら、「同じ説明を何度もしなくてもいい」ですし。
生徒さんからしたら、「自分にとって必要なとこだけ授業を受けられる」メリットがあります。

 

僕自身も授業動画で好評を頂いているので。
「このまま映像授業を全力推しでいこうか」と考えた時期もありましたが。
やめました。

 

やはり映像授業は、時間効率が悪いのです。
生徒さんは、その問題のある部分だけ解決したいのに。
授業動画だと、全部見ないといけない。
こうなってしまうと、時間効率が悪く逆効果です。

 

生徒さんの質問を聞いて。
その質問が部分的でパパッと解決できるものなら、その場で生で指導すればいいし。
その質問が全体的で一連の講義が必要なら、授業動画を見てもらえばいい

 

生の授業も映像授業も、目的ではなく、両方とも1つの手段。
両方必要で、適切に使い分ける必要があります。

 

wagacoでは、自習時間に、個別オーダーメイド課題をやってもらいます。
間違えた問題を訂正するために、小出しでヒントを出したり、参考の授業動画を見てもらいます。
それでもダメだった問題を、指導時間を使って直接指導しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です