【塾選び7】教えるのは勉強法か?勉強内容か?

投稿日: カテゴリー: 失敗しない塾選び

世の中、本当にたくさんの塾がありますよね。
ありすぎて、どの塾がいいかわからない。
入塾金もかかるところがほとんどだから、気軽に試しにくい。

 

塾長は二児の父です。
もし自分が死んでしまって。
将来自分の子供が、「塾に行きたい」と言ったとき。
「どのような基準で塾を選ぶかな?」
妻に伝えておくのは、とても大切です。

 

もちろん塾事情は、これからも大きく変わっていくでしょう。
指導歴17年、たくさんの塾を見てきた塾長中村が。
現時点での基準を、同じパパママ仲間として、シェアしておきます。

 

さて第7回は、「教えるのは勉強法か?勉強内容か?」です。

 

最近、「ウチは勉強内容は教えません。教えるのは勉強法です。」という塾も増えてきました。

 

勉強法を教えることには、大賛成です。
基本的な勉強法を知ってないと、「砂場で魚を釣ろうとする」ようなムダな努力になってしまい。
「頑張ってるのに成績上がらない。自分はダメなのかも。。。」という悲劇が生まれます。

 

と同時に、暗記パンのような魔法の勉強法なんて存在しないことも事実です。
毎年のように勉強法の本が出版されていますが。
多少の違いがあるだけで、本当に大事な部分は変わらない。

 

「青いペンは、確かに少しは記憶にいい」かもしれない。
でも「24時間以内に、間違えた箇所を復習する」に比べると、その効果は足元にも及ばない。
ちょっと受験勉強をしたことがある人なら、誰でも知っていることです。

 

だから「勉強法”だけ”を教える塾」なんてものは、本来成り立たないです。
勉強法なんて、本当に大切なことだけに絞ったら、伝えるのに1時間もかからないからです。
1時間で伝えられることを、毎週やるなんて、おかしな話です。

 

そう考えると一番いいのは、「勉強法も勉強内容も、両方やってくれる塾」です。

 

本当に大事な勉強法は、「当たり前のことで、誰でも知っている」とは言っても。
「知っている」と「できている」は、次元が違う話です。
自分の弱点を補強するための復習を毎日やっている人は、どれだけいるでしょうか?
習慣になってないと、意味はありません。

 

だから、授業前に勉強法の大切な部分を確認して。
勉強内容にも、理解のコツや暗記のコツはあるから、そこは惜しみなく指導してもらう。
あとは、勉強法の大切な部分や、指導してもらったコツを意識しながら、自分の頭で解いていく。
この流れだと理想的です。

 

wagacoでは、授業前に「脳科学と心理学が認めた”効く勉強法”リスト」の中から。
「今日、特に意識すること」を1つ選んでもらいます。
それから授業を始め、指導時間内では、理解のコツや暗記のコツを惜しみなく伝えます。
基礎ができあがれば、自分の頭を使って、練習問題や応用問題など個別課題に取り組みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です