【塾選び2】集団授業か?個別授業か?

投稿日: カテゴリー: 失敗しない塾選び

世の中、本当にたくさんの塾がありますよね。
ありすぎて、どの塾がいいかわからない。
入塾金もかかるところがほとんどだから、気軽に試しにくい。

 

塾長は二児の父です。
もし自分が死んでしまって。
将来自分の子供が、「塾に行きたい」と言ったとき。
「どのような基準で塾を選ぶかな?」
妻に伝えておくのは、とても大切です。

 

もちろん塾事情は、これからも大きく変わっていくでしょう。
指導歴17年、たくさんの塾を見てきた塾長中村が。
現時点での基準を、同じパパママ仲間として、シェアしておきます。

 

さて第2回は、「集団授業か?個別授業か?」です。

 

一斉に同じ内容を学ぶのは、もはや時代遅れです。
今の一斉集団授業の形は、150年前の明治時代から続くものです。
一人一人能力が違うのに、なぜ同じ内容を一緒に学ぶ必要があるでしょうか?

 

同じ内容を一緒に学ぶ。
学校は仕方ないです。
義務教育ですし、先生の数が追いつかない。

 

塾なら、ハイレベルクラスならわかります。
見たこともないような応用問題を、集団で一斉に解く。
ある程度考えた後、先生に目から鱗の解説をしてもらう。
これならわかります。
(それでも、ジックリ考えたい時間は、個人差はありますが。。。)

 

でも基本問題、標準問題レベルなら。
「もう身につけてる生徒さん」と「まだ身につけてない生徒さん」が混在するので。
効率の悪い授業になります。

 

そもそも学校の集団授業で身につかないなら。
たとえどれだけ塾の先生がわかりやすくても、同じ集団という形では難しいでしょう。
学校の先生も、教え方上手な先生、たくさんいますから。

 

ただ集団授業(少人数授業)でも。
学ぶ内容が人それぞれ違う個別ならOKです。

 

自分にとって学ぶ必要があるコトを、時間効率よく学べるか?
そこが一番大切です。

 

以上の考えから、wagacoでは基本的には。
完全1対1の個別指導の形を取っております。

 

同じ志望校の受験生が複数人いるときや。
数学速学テスト対策コースは、少人数集団授業を行っております。
ただ学ぶその内容や指導自体は、個別です。
みんな共通して間違えた問題や、みんなに聞く価値がある話の時だけ。
一斉に授業を行います。

 

また個別指導の時間では。
「自分の頭で考える時間」「問題を解く時間」は。
多くの塾とは違い、指導時間には入れておりません。

 

例えば、よくありそうな「週90分、1:3の個別指導」では。
自分の子への実質指導時間は、「90分÷3人=週30分」となります。
あとの60分は、「ちょっと問題解いておいて」と別の生徒さんを指導する時間です。

 

wagacoでは、本当に1対1で指導した時間だけカウントしており。
自分で問題を解く時間は、指導時間には入れておりません。

 

個別オーダーメイド課題を、その都度用意し。
それを生徒さんに自習の時間などで解いてもらい。
丸付けした後も、まだ指導しません。

 

ヒントや、参考書などを渡し。
できるだけ自分で答えを導き出してもらいます。

 

それでもダメだった問題だけ。
指導時間を使って、解決していきます。
なので、本当に必要な問題を、効率よく身につけていくことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です